ホーム > 現金化 > クレジットカード現金化はNG行為

クレジットカード現金化はNG行為

クレジットカード現金化をやってしまうデメリットとして、「今後、クレジットカードが使えなくなるおそれ」というものがあります。

法律上は、グレーゾーンですが、クレジットカードの規約に「現金化することはNGです」と明記してあります。

そのため、クレジットカードを使って現金化する行為は、規約違反となり今後使えなくなってしまうおそれがあります。

また、あまり知られていませんが、クレジットカードの代金を支払うまでは、その商品はクレジットカード会社の所有となります。

引き落とし日に代金が引き落とされて、初めて自身の所有権になりますので、代金を支払う前に売ってしまうと規約違反とみなされる恐れがあります。

ただし、友人に頼まれて決済しているなど、事情がある場合は、特に問題はありません。

代金さえ回収できれば、カード会社は何も言ってきませんので、友人同士でトラブルが起こったからといって、カード会社に迷惑をかけるような行為はしないほうが良いでしょう。

クレジット現金化は、お金がないときにやれば現金が入るため、お得なように見えますが、後々カード代金を返済しなければならないため、あまり意味が無いと言えます。

興味があるという方でも、なるべくクレジットカードの現金化はしないようすると良いでしょう。

 

急な出費に困ったら:ネオギフトの口コミはこちら


タグ :